高橋はるみプロフィール

ホーム > 高橋はるみプロフィール > 働く女性の味方

働く女性の味方

働く女性の味方、子育て支援に意欲満々

私は人一倍、働く女性の辛さを知っているつもりです。
夫とは職場結婚で、二人の子宝にも恵まれましたが、共働きを続けてきました。

はるみ知事とお子さん子どもが小さいときはよく熱を出し、まるで綱渡りのような毎日でした。1日が24時間しかないことを恨んだこともあります。
なんとか仕事と子育てを両立させたいと頑張ってみても、結局どちらかを犠牲にしなければならないので、何度も悔しい思いもしました。

幸い、長男は2年半、富山の父と母に預け愛情いっぱいに育ててもらいました。その間は、欠かさず金曜日の夜行で富山に行き、日曜の夜行で戻り役所に直行していました。
専業主婦はもちろん、共働きでも安心して子育てができるよう支援していく必要があると、思ったのはこの頃からです。

海外で子育てしていたころ人生最大の出来事は、子どもを持つことの素晴らしさを経験したことです。
長男の誕生で、それまで意識もしなかった社会人としての自覚が芽生えました。
次男は、私が大西洋国際問題研究所研究員時代にパリで出産しました。夫も日本の国際機関に勤務し、パリに在任中であったものの、やはり海外でのこともあり、不安がいっぱい。それでも無事誕生して、命の尊さを改めて実感しました。

このページの先頭へ